HOME 会社概要 機種選定 製品情報 技術情報 お問い合わせ 総合カタログ


 振動式レベルスイッチ 




信頼性と高感度を実現した振動式レベルスイッチ


振動式レベルスイッチ CV型

振動式レベルスイッチ
CV210          CV310         CV510


振動式レベルスイッチ CVシリーズ

  【動作原理】
    電子回路により固有振動周波数で振動ロッドを微振動させています。この振動ロッドがタンク内部
    の被測定物に触れると、振動が減衰・停止し、その時にリレーが切り替わり出力します。
    被測定物が振動ロッドから離れると再び振動を開始してリレーが復帰します。

  【特 長】
    1)可動部がありません(簡易な構造のレベルスイッチです)
    2)高感度(検出可能見掛け比重0.03)を実現しました
    3)付着性の高い測定物用の感度切り替えスイッチ付きです
    4)感度調整の必要がありません
    5)L=6mのセンサ制作可能。
      振動ロッドの先端は検出感度が高くなっているが取付け部の感度は基部になるほど鈍く設計
      されているのでタンク壁面にたまった測定物には誤った検出はされません。
    6)高温タイプもございます。

  【用 途】
    微粉、粉体、粒体のレベル検出。
    各種パウダー、ペレット、チップ類の検出
    焼却灰、樹脂類の検出(高温タイプ)

    高温用・重荷重用の振動式レベルスイッチはこちらをご覧下さい

    小型タンク用の小型振動式レベルスイッチはこちらをご覧下さい

    振動式レベルスイッチの詳しい説明はこちらをご覧下さい


  【標準仕様】
振動式レベルスイッチ CV型
 ケース  アルミダイキャスト IP55
 ケーブルダクト  PG13.5
 周波温度  -20〜+60℃
 接続  R11/2
 最高検出感度  見掛比重0.03
 重量  2.0kg
 電源  230Vac-15%+10% 50・60Hz
 115Vac-15%+10% 50・60Hz
 消費電力  2VA



資料請求


製品情報に戻る  /  前の製品  /  次の製品

(C)Copyright Yamamoto Electric Industrial Co., Ltd. All Rights Reserved