製品案内|液面計・レベル計のことなら【YAMADEN】


HOME > レベル計(連続タイプ) > 静電容量式レベル計 LB/DB シリーズ

静電容量式レベル計

LB/DB シリーズ
LB/DB シリーズ
高感度で安定した計測を実現する
静電容量式レベル計

液体のみならず難しい粉体計測にも安定して対応します。広い測定範囲に渡って直線性に優れており、幅広い温度ドリフトにも対応します。

  • 液体用
  • 粉体用

センサ部は棒状電極やワイヤー電極など様々な電極に対応します。また、本質安全防爆型も用意しています。

 

特長・ポイント

    1. 厳しい環境下でも安定計測が可能
      高感度時にも安定したレベル出力が得られます。また、耐ノイズ性に優れています.
  1. 独自の計測回路で高精度計測が可能
    広い測定範囲に渡って直線性に優れています。また、ガード・シールド・ケーブルの使用により、電極アンプ間ケーブルの分布容量を排除するのでケーブル容量の温度ドリフトの影響を受けません。
  2. 結露等による電極絶縁不良など、微少導電性に対して安定計測
  3. 稼動部が無く長寿命
 

本質安全防爆

本質安全防爆タイプ DB-209型

DB-209

本質安全防爆構造とは、正常動作時は勿論のこと、安全性を損なう事故が二つ重複した時でも、爆発に至る過熱がなく、危険場所設置部の何処がショートしても、起爆性の電気火花の発生しないことが、公的機関において点火試験、その他によって確認された構造をいいます。
従って、工場電気設備防爆指針2500(本安回路の配線)に準拠して配線する限り、特別の耐圧ケース等を必要としません。


 (特長)
  ・センサー部、ツェナーバリアー、電源部間それぞれの配線には、2線式を採用しているので、経済的
  にも 安全性においてもすぐれています。
  ・温度変化に対する零点精度が高い。
  ・アンプはカセット方式を採用しているため、保守が容易に行えます。

 

用途・実績例

  • 液体・粉体・粒体の連続レベル計測
  • 導電性、絶縁性の液体、誘電率の小さい絶縁性液体の計測
 

標準仕様

LB-110型(非防爆タイプ)

アンプ部

電源 AC105/210V±10% 50/60Hz
電流出力 電流出力 DC4〜20mA (負荷抵抗450Ω以下)
電圧出力 DC0〜10V (チェック用)
測定範囲 フルスケール 10〜100pF可変 100〜1000pF可変 2レンジ切換
(その他、打ち合わせによる仕様変更も行います)
精度 直線性誤差 ±0.5% × 指示値
温度特性 -20℃〜+80℃において ゼロ点誤差 ±0.2pF
(ケーブル長10m以内のとき)
感度誤差 ±0.5% × 指示値


センサ部

形状 裸棒状センサ(S2型) 裸ワイヤセンサ(S2W型)
被覆棒状センサ(S1型) 被覆ワイヤセンサ(S1W型)
(その他、タンク、温度等に合わせた形状寸法にて製作いたします)
取付(接続) PT3/4および各種フランジ(3/4B以上)(S1型、S2型)
PT1および各種フランジ(1B以上)(S1W型、S2W型)
接液部材質 SUS304(S2型、S2W型)
FEP(S1型) ETFE(S1W型)、(材質変更可能)
許容温度 -5℃〜+80℃ (標準仕様)S1型、S2型、S1W型、S2W型
Max150℃(S1T型) Max120℃(S1WT型) (高温仕様)
Max180℃(S2T型) Max180℃(S2WT型) (高温仕様)
許容圧力 2MPa max(20℃)

 

DB-209型(本質安全防爆タイプ)

アンプ部

電源 AC100/200V±10% 50/60Hz
電流出力 DC4〜20mA (負荷抵抗450Ω以下)
測定範囲 フルスケール 0〜2000pF可変
精度 直線性誤差 1%
温度特性 -20℃〜+60℃においてゼロ点誤差0.2pF
周囲温度 -20℃〜+60℃


センサ部

形状 裸棒状センサ(S2型) 裸ワイヤセンサ(S2W型)
被覆棒状センサ(S1型) 被覆ワイヤセンサ(S1W型)
(その他、タンク、温度等に合わせた形状寸法にて製作いたします)
取付(接続) PT3/4および各種フランジ(3/4B以上)(S1型、S2型)
PT1および各種フランジ(1B以上)(S1W型、S2W型)
接液部材質 SUS304(S2型、S2W型)FEP(S1型) ETFE(S1W型)
許容温度 -5〜+80℃ (標準仕様)S1型、S2型、S1W型、S2W型M
Max150℃(S1T型) Max120℃(S1WT型) (高温仕様)
Max180℃(S2T型) Max180℃(S2WT型) (高温仕様)
許容圧力 水圧20kg/cm2max (20℃)

お問い合わせ・資料請求はお気軽に

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
Page Top