製品案内|液面計・レベル計のことなら【YAMADEN】


HOME > その他センシング機器 > 洗浄剤水分計 113N

洗浄剤水分計

113N
113N シリーズ
電子部品などを洗浄する洗浄液中の水分を計測します

洗浄剤と水の誘電率の差によって洗浄剤の水分値を測定します。従来問題であったフラックス混入および温度の変化による影響は電導度、温度測定による補正演算を施すことにより、より正確な計測を可能にしています。また、一端設置型としながら、ケーブル容量、その他浮遊容量を排除するガードシールドを設ける等現場での取扱が容易で、過酷な環境への耐性を強化しています。

  • 液体用
 

特長・ポイント

  1. 取扱は極めて簡単です
  2. 水分値を直読できます
  3. フラックス濃度変化による誤差はわずかです
  4. センサ部は長寿命で耐腐食性に優れています
  5. インライン、オフラインの両方にお使いいただけます
 

アプリケーション

水分計の設置について

  • 設置位置については、洗浄汚れによる水分測定への影響の少ない場所(上図のように洗浄汚れ除去装置後段、洗浄槽上部等)に設置してください。
  • 検出部の液に泡が含まれると影響を受けます。泡の少ない場所に設置してください。
  • 水分計を温度変動の激しい位置に設置する場合は、温度補償を行うことをお勧めします。

水分調整について

  • 水分調整水の補給位置は、洗浄液との効果的な混合を行うために、ポンプ前段に設置してください(上図参考)。
  • 急激な水分補給は、過剰な補給を招く恐れがあります。調整水の補給はなるべく流量を小さくし、徐々に行うことをお勧めします。
 

機能早見表(機器選択早見表)

形式/機能 GM-113N-EM GM-113N M-113N
水分出力
水分直読 × ×
汚れ検知(注1) ×
温度出力
温度補正 × ×
リレー出力 × ×
多品種登録
(注2)
× ×
注意事項   液温が一定でないと 測定できません

※△:オプション対応
(注1)汚れ成分が電導変化として現れない物質の場合は、汚れ度入度合は測定できません。
(注2)GM-113N、M-113Nは、1種類のサンプルにしか対応できませんが、GM-113N-EMは、スイッチの切り換えにより多品種の水分測定(検量線登録)が可能です。

 

標準仕様

形式 GM-113N-EM GM-113N M-113N
一般仕様 水分測定方式 静電容量、導電性、温度演算方式 静電容量、導電性、演算方式
電源電圧 AC105/210V±10V±10% 50/60Hz
消費電力 40W 10W
水分測定精度 ±1%
水分値出力 DC4〜20mA 負荷450Ω以下
汚れ濃度出力 DC4〜20mA 負荷450Ω以下
使用温度範囲 常温〜+60℃ ※2 常温〜+60℃
ケーブル長 2m
仕様温度
測定部
温度測定方式 サーミスタ測温体方式
温度測定範囲 0℃〜100℃
温度測定精度 ±1℃
温度出力 DC4〜20mA 
(負荷450Ω以下)
仕様制御部 電源電圧 AC100/230V±10% -
表示 表示桁数 3桁 -
上・下限警報
接点容量
250VAC(30VDC)5A -
仕様センサ部 電極材質 SUS304、PTFE
温度センサ材質 SUS304、SUS316

※2 表示部のみMAX40℃
※ △:オプション対応

お問い合わせ・資料請求はお気軽に

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
Page Top