製品案内|液面計・レベル計のことなら【YAMADEN】


HOME > その他センシング機器 > 物質変化監視計 MDL シリーズ

物質変化監視計

MDL シリーズ
MDL シリーズ
インラインで物質変化の計測・監視が可能
複数の液体の混合判定や液種判別に最適

高精度の静電容量式アンプにより、様々なセンシングが可能です。2つの液体の混合比や混合度合の計測、配管内の液種判別などが可能です。センサ部は可動部がなく長寿命。カスタマイズも可能です。

■計測値や設定値を有機ELディスプレイで表示。
■4点の接点(警報)出力を「自由に変更可能」

  • 液体用
  • 粉体用

「誘電率」の異なる複数の物質の静電容量値を計測する事により、物質の状態や異物の混入等の品質管理・分析をオンラインで行います。

 

特長・ポイント

  1. 物性変化が見やすい有機ELディスプレイを採用
    高い視認性を実現し、様々な方向から確認可能。くっきり鮮やかに「測定値(%)」「静電容量値」などを表示します。
    MDLディスプレイ
  2. 4つの押しボタンで設定可能
    初期調整も画面を見ながら押しボタンで簡単に設定可能。各種設定や4点の接点の設定・変更も可能です。
    MDL表示画面
  3. 4点の接点位置を自由に設定・変更可能
    測定値の中の任意のポイントや動作方向(上昇ON、下降ONなど)を自由に設定・変更可能。
    上限・下限等の警報にも使用可能。パネルLEDにも点灯・消灯で表示されます。
  4. 絶縁性物質から導電性物質の物性変化を測定
    異なった誘電率の液体の各種計測、液体内部に混入した異物の計測などが可能。粉体も条件により計測可能です。
  5. センサー形状・構造は測定対象物質に合わせて設計可能
    センサ部は可動部が無く長寿命で、お客様の仕様に合わせて電極等のカスタマイズが可能です。
 

用途・実績例

  • 異なった誘電率をもつ液体の混合比の計測
  • 配管内の液体判別  
  • 2層の界面検知
 

アプリケーション

複数の異なる「誘電率」を持つ液体の静電容量値を計測することにより物質変化を監視します。
様々なプロセスの物質監視に最適です。

アプリケーション
 

標準仕様

アンプ部

電源入力 AC/DC 20〜250Vz
出力信号 DC 4〜20mA (負荷抵抗500Ω以下)
消費電力 2.0W(DC24V) 3.0A(AC100V) 4.0VA(AC250V)
測定範囲 20pF〜1000pF(標準タイプ)
※特殊タイプもご用意しています
測定精度 ±1%
応答速度 約0.05sec〜15sec(可変)
使用周囲温度 -10℃〜+60℃(結露のない事)

センサ部

材質 SUS304(ご要望により変更可能です)
接続 フランジ(パイプライン)
許容温度 -10℃〜+150℃(結露無き事)
許容圧力 2MPa(シール部)(接続部は各規格による)

※ 上記以外の特殊仕様につきましては、弊社営業部までご相談ください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽に

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
Page Top